2013年03月16日

テスト投稿です

■目次
バルタザアル/大川の水/「ケルトの薄明」より/未来創刊号/老年/紫天鵞絨/桐/春の心臓/薔薇/青年と死と/客中恋/若人/クラリモンド/砂上遅日/ひょつとこ/松江印象記/羅生門/松浦一氏の「文学の本質」に就いて/鼻/編輯後に/孤独地獄/父/虱/酒虫/翡翠/校正後に/仙人/薄雪双紙/野呂松人形/芋粥/猿/創作/校正後に/手巾/出帆/ジアン、クリストフ

■目次
老年/青年と死/ひょっとこ/仙人/羅生門/鼻/孤独地獄/父/虱/酒虫/野呂松人形/芋粥/猿/手巾/煙草と悪魔/煙管/MENSURA ZOILI/運/尾形了斎覚え書/道祖問答/忠義/貉/世之助の話/偸盗/さまよえる猶太人/二つの手紙
posted by 47735 at 14:08| 小説 | 更新情報をチェックする

<『バルタザアル』、『大川の水』などの作品を収録> 芥川龍之介全集(第1巻)新版 [ 芥川龍之介 ](ショップ:楽天ブックス)



■目次
バルタザアル/大川の水/「ケルトの薄明」より/未来創刊号/老年/紫天鵞絨/桐/春の心臓/薔薇/青年と死と/客中恋/若人/クラリモンド/砂上遅日/ひょつとこ/松江印象記/羅生門/松浦一氏の「文学の本質」に就いて/鼻/編輯後に/孤独地獄/父/虱/酒虫/翡翠/校正後に/仙人/薄雪双紙/野呂松人形/芋粥/猿/創作/校正後に/手巾/出帆/ジアン、クリストフ


■青空文庫から『バルタザアル』を一部抜粋
       一

 其頃はギリシヤ人にサラシンとよばれたバルタザアルがエチオピアを治めてゐた。バルタザアルは色こそ黒いが、目鼻立の整つた男であつた。其上又素直なたましひと大様な心とを持つた男であつた。
 即位の第三年行年二十二の時に王は国を出て、シバの女王バルキス聘問(へいもん)の途に上つた。


■青空文庫から『大川の水』を一部抜粋
 自分は、大川端(おおかわばた)に近い町に生まれた。家を出て椎(しい)の若葉におおわれた、黒塀(くろべい)の多い横網の小路(こうじ)をぬけると、すぐあの幅の広い川筋の見渡される、百本杭(ひゃっぽんぐい)の河岸(かし)へ出るのである。幼い時から、中学を卒業するまで、自分はほとんど毎日のように、あの川を見た。


■『バルタザアル』、『大川の水』などの著作権が切れている作品は青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)でも読むことができます。


タグ:芥川龍之介
posted by 47735 at 02:25| 小説 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。